犬の介護は京都府船井郡の老犬ホーム「犬のケアハウスうらら」

京都介助犬聴導犬トレーニングセンター指定。愛犬の介護に関してのお悩みやお困りごとはご相談ください。

HOME ≫ スタッフブログ ≫

ブログページ

お見送り

DSC_0151

少し仲良くなった杏梨ちゃんともそろそろお別れです・・・。

ケアハウスうららのワンコ達みんなでお見送りです。

杏梨ちゃん、また遊びにきてね♪

今度は一緒にいっぱい走ろうね!

2018年05月29日 11:00

杏梨ちゃん

DSC_0146

昨日は『杏梨ちゃん』が遊びにきてくれました。

種子島から飛行機に乗ってやってきた保護犬だそうです。

素敵な里親さんで、とても大切に可愛がってもらっていました♡

こんなふうに1頭でも素敵な里親さんが見つかる保護犬が増えてくれるといいな・・・と願ってやみません。

 

2018年05月29日 10:00

ニューフェイス(*^。^*)

かなで

先日ケアハウスうららに新たな仲間がやってきました!!

みやびとあおいの姉妹の かなで です。

これで三姉妹が勢ぞろいです。

同じ姉妹でも顔も体格も性格も様々・・・。

 かなで はちょっぴり鈍くさくてとってもあまえんぼうな子です。

これからも随時ご紹介していきますのでよろしくお願いします。

 

 

2018年05月25日 10:00

あおいの病気Vol.6

DSCPDC_0002_BURST20180213113043136

手術当日。

簡単な診察の後 あおい は私たちの心配をよそに

看護士さんに連れられウキウキした足取りで入院室へ。

本当に「人」が好きで信頼している様子。

病院嫌いになられるよりは良いのですが・・・(^_^;)

そして無事に手術が終わり、先生から電話をいただきました。

そこで先生の口からお聞きしたのは

『肥大性骨症(ひだいせいこつしょう)』という病名でした。

あおい の左前足の肘関節は原因不明の肥大性骨症という病によって、

その名のとおり肥大化し関節に異常をきたしていたのです。

「おそらく生後2か月で出た高熱は肥大性骨症によるものでしょう」

との見解をいただきました。その時の高熱によって他の四肢の関節や骨にも

異常がでてしまったのでしょう・・・と。

あおい の四肢の異常は先天性のものなのか?との疑いも、この手術に

よって原因不明の病に罹ってしまった結果である可能性が浮上しました。

生後2か月で高熱が出たとき、たくさんの検査をしても原因がわからなかったことが

ようやくハッキリとしました。

今回の手術で あおい の骨の一部は切除されました。

けれども空間ができた事により正常な骨の成長を妨げることはなくなりました。

これから成長するにしたがって あおい の身体はどのようになっていくのでしょう?

まだまだ未知の世界ですが あおい が頑張ってくれるかぎり私たちも

見守って行くしかありません。

まずは無事に手術が終わりホッとしました。

 

2018年05月13日 11:00

お昼寝・・・ZZZ

DSC_0139

ひなたぼっこ中の『トシくん』。

とても調子がよさそうだったので、

ブラッシングや爪切り、足裏バリカンに

挑戦!!

気持ちよさそうにご機嫌にお手入れさせてくれました。

特にブラッシング中はトロ~ン・・・zzz。

換毛期なのでゴッソリ毛が抜けました。

これで暑い夏を少しは快適に過ごせるかなぁ?

お手入れ後はすぐにお昼寝タイム突入です・・・。

トシくん、おつかれさまでした。

 

2018年05月12日 15:00

日向ぼっこ

DSCPDC_0001_BURST20180512135151296

こんにちわ。

15歳の柴犬『トシくん』です。

ちょっと身体は動きにくいですが、まだまだ食欲もあり

元気なワンちゃんです。

今日はよいお天気なのでベビーベッドを改造したコロコロベッドでお外へ。

寝たまま日向ぼっこです!

 

 

2018年05月12日 14:00

疲れた・・・

DSC_0218

朝からいっぱい遊んだカコちゃん。

ちょっぴりお疲れモード・・・

ビヨ~ンと何とも愛らしい姿です(*^_^*)

2018年05月12日 11:00

カコちゃん

DSC_0216

こんにちわ。

ミニチュアシュナウザーの『カコちゃん』

です。

とても人がだいすきで側に行くと大歓迎!!

朝から元気に「人」を追いかけ

ドッグランを走り回っています♪

2018年05月12日 10:00

あおいの病気Vol.5

DSC_0056

不安を抱えながら、紹介していただいた病院に到着。

整形外科専門の先生が診察してくれます。

動物病院にも慣れた様子でまったく動じない あおい 。

結果、早いうちに左前足の手術をした方が良いとの事。

成長線がこわれてしまっている箇所を切除し、ひじ関節には

関節鏡というものをいれて手術をすると説明をうけました。

手術費用は予想以上に高額で・・・正直少し悩みました。

でもこのままだと、ますます湾曲が進み歩けなくなるかもしれない・・・。

そしてそれから10日後 あおい は手術を受けることになりました。

2018年05月11日 10:00

あおいの病気Vol.4

DSC_1215

かかりつけの獣医さんのもと、はじめて   あおい は足のレントゲンを撮りました。

素人目に見てもやはりなにか異常を感じます・・・。

左前足(写真右)の印の関節の成長線(骨端線)がこわれてしまっているようで、

本来ならまだまだ成長期で骨が伸びるはずなのに成長が止まってしまっている・・・。

けれどもの方の骨は成長をつづけている結果、湾曲が生じてしまっているようでした。

「これは整形外科専門の先生に診てもらった方がいいですよ。」と先生のご意見。

そして専門の病院を紹介していただくことになりました。

ペットにもそれぞれ専門の診療科があることを初めて知り、心強いやら不安やら・・・。

それから2週間後、無事に予約をとる事ができ、整形外科専門の先生に診ていただく事となりました。

 

2018年05月10日 10:00

サイドメニュー

モバイルサイト

犬のケアハウスうららスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら